大阪市北区西天満1-6-2
西天満サンエイビル4階

無料ご相談・お問合せ

LINE

24時間受付

コラム

マンション売却~戸建てへの住み替えで失敗しないために!手順やお悩みを事例付きで解決◎

2021/10/24 住み替え

マンションを売って戸建てへ住み替える

「マンションを売って、一戸建ての新居に住み替えたい」という方へ。下記のようなお悩みはありませんか?

  • マンションを売って、一戸建てに住み替えるまでの手順がピンとこない。
  • マンション売却と一戸建ての購入、結局どちらを先にすべき?
  • マンションのローンを返済中の場合、新居の購入はできるのか?
  • もし次の物件を購入したのに、マンションが全く売れなかったらどうなるの?

今回の記事では、こういった住み替えに関するモヤモヤを払拭するため、失敗しない住み替えの方法や必要手順・よくあるお悩みの解決策をご提案します!


「マンションの売却~戸建てに住み替えるまでの手順」を知っておこう

まずはマンションの売却~戸建てに住み替えるまでに必要な工程を見ていきましょう。


住み替えの場合であれば、基本は「購入」と「売却」を同時並行で進めていくこととなります。主な流れとしては、以下の通りです。

マンション売却から一戸建てへの住み替えの流れのイメージ図

<住み替えの流れ>


マンションから戸建てへの住み替えを検討したら、まず最初にすべきことは?

マンション売却に悩むイメージ図

必要な工程の多い「マンションから一戸建てへの住み替え」では、「売却するだけ」「購入するだけ」より年密な行動計画と、それに伴った行動が重要となります。

住み替えを思い立ったら、まずは確認したい3つの事項を見ていきましょう。

1. マンション売却と戸建ての購入、どちらを先にするか決める

住み替え時、お客様から聞かれる質問に必ず挙がるのが「マンションの売却と一戸建ての購入、どちらから先に手を付けるべきですか?」という質問です。

この問いの回答としては、基本的に資金が潤沢でない限りは「マンションの売却が先(売り先行)」、お金にあるいはお金にある程度余裕がある・仮住まいが確保できる方は「一戸建ての購入が先(買い先行)」になります。

「売り先行と買い先行のメリット・デメリット」というテーマで、過去の記事でも扱っていますので、詳しくはそちらを見ていただければと思います。

マンションの買い替えについて|買い替え方法ごとのメリット・デメリット

2. 目的別に、信頼できる不動産会社へ相談する

一重に不動産会社といっても「マンションの売却に強い会社」「戸建ての販売に強い会社」など、その特徴は様々です。

住み替えの際「新築を購入する不動産業者に、売却も依頼した方がいいのでしょうか?」という声をよくお聞きしますが、結論としては特にそういった決まりはありません。「それぞれの分野で実績を出しており、信頼できる不動産業者」に依頼すると良いでしょう。

また「信頼できる不動産業者」を見極めるポイントですが、これは「住み替えの難しさやリスク」をしっかりと説明し、売買の手順を計画的に提案してくれる業者かどうかが、1つの指標となります。


3, 現在のローン残高や使える資金額、希望物件の初期費用などを明確に

住み替えには大まかに、以下3種類の費用が発生します。

  • マンション売却の費用
  • 新居の購入費用
  • その他、諸費用(引っ越し代、仮住まいの家賃など)

資金計画でまず取り組みたいのは、これらに一体いくらの費用が発生するのかを明確にすること。そしてこれら諸費用を捻出するために「自己資金はいくらあるのか?」「ローンの残債額は?」「マンションをいくらで売る必要がある?」などを、洗い出すことです。

このように戦略的な資金計画を立てることで、そもそも住み替え自体が現実的なのか、売り先行・買い先行どちらが適しているか、いくら程度借入の必要があるかなどを明らかにできます。


マンション売却と戸建ての購入で、よくある悩み&解決策

マンション売却と一戸建て購入の比較

最後に「マンションの売却と一戸建ての購入」で、お客様からよくいただくお悩みと、それに対する解決策をお答えいたします。

ちょうど住み替えを検討されている方で「同じ悩みを抱えていた」という方は、ぜひ参考にしてください。

1. ローン残債があるけど、住み替え可能?

「いま住んでいる家のローンが残っているけれど、新居を購入して住み替えたい」という方から聞かれる質問です。結論からすると、ローンが残っていても住み替えできるかは「状況による」という回答となります。

「元の家にローン残債があるが、新居に住み替えたい」場合の手段としては

  1.  二重でローンを組む
  2.  いまのローンを完済して、新しくローンを組む


の大きく2パターンが挙げられます。

ただし元の家と新居のローンを並行して完済しなければならない「2重ローン」は、ある程度資金面で余裕のある方以外は、借入の時点から難しい可能性があります(借入の可否は金融機関によって決められます)。

大抵は②現在の住まいを売却し、そのお金でローン残債を完済・新しくローンを組むというパターンの方が多いです。これがいわゆる「売り先行」という住み替えパターンに該当します。

【具体的な例】

ご夫婦と子どもさん1人、3人暮らしのタイミングで現在の60平米の新築マンションを購入。その後、2人目・3人目が生まれ5人家族となり、部屋数が足りなくなってしまった。ローン残債は1,000万円ほど。

そこで現在のマンションを売却し、その資金を残債返却と新居の頭金にあてることに。約4カ月かけて現在の住まいを1,500万円で売却し、ローンを返済・無事スムーズに住み替えを行うことができた。

2. もし物件を購入したものの、今のマンションの売り手がつかなかったらどうなるの?

マンションが売れないイメージ

「住み替え先の物件を購入したものの、現住まいのマンションがなかなか売れない」とお悩みのケースです。

このときいくつかの状況が考えられますが、仮にこの方が「ローンを組まなくても新居を購入するだけの資金力がある」、あるいは「二重ローンが借りられる」ようであれば、マンションの売却期間が伸びてしまっても、さほどダメージは大きくありません。


問題はマンションの売却金額を「ローンの返済」や「新居の購入資金」にあてたいという場合。つまり
「今の家を売らないと、そもそも住み替えできない」というパターンですが、この場合は多くが「一般の人に売れないので、安めの価格帯で不動産業者に買い取りを依頼する」こととなります。

業者買取の場合、大抵は相場の8割ほどの売却額に落ちついてしまいがち。よってなるべく希望に近い金額で売るためには、計画的・戦略的に住み替えの計画を立てることが重要です。(ただし個人で計画を立てるのは難しいため、可能な限り優良な不動産業者に、早めに相談するのがおすすめです)。

3. 固定費は、今より高くなる?安くなる?

「マンション」から「一戸建て」へ住み替えると、固定費は上がるのか・下がるのか?という疑問ですが、あくまで一般的には戸建てに住み替えて、固定費が下がるケースの方が多め」と言えます。というのも、両者に共通して発生する「固定資産税」に加え、マンションの場合は「修繕積立金」「管理費」「駐車代」などの費用がかかるためです。

一方で戸建ての場合、マンションのような「毎月固定で発生する費用」はなく「給湯器が壊れた」「外壁が破損した」など、トラブルが生じたタイミングで都度、修繕やメンテナンス費用が必要となります。

よって住み替え先の戸建てが新築~築5年ほどであれば、メンテナンス費用はそれほど必要ないでしょうし、一方で築20~30年ほどの木造建ての中古物件であれば、それなりの費用がかかることが予想されます。

4. マンションを売り出して3ヶ月、まったく買い手が見つからなくて……。

マンション売却の平均期間は、都市部であれば約3.5カ月~4カ月といわれています。3カ月間、まったく内覧の申し込みが入らず、買い手がつかない……という場合は

・売り出し方・宣伝に問題がある
・価格帯が相場から外れている
・物件そのもののニーズが少ない、特殊である

などの理由が考えられます。


「売れない理由」や「マンションの売却期限」によって打ち手は異なりますが、そもそも売ることが難しい・売却期限がとくに決まっていないのであれば、気長に申し込みを待つ必要があるかもしれません。

「本来、売れてもおかしくない物件なのに売れない」「売却期限が決まっている」場合などは、「広告を増やす」「価格帯を下げる」「依頼する業者を再検討する」など、ほかの手を考えるべきケースもあります。

まとめ

マンションから戸建てへの住み替えを話し合う男女

今回は「マンションを売却し、一戸建てに住み替えたい方」向けに、失敗しない住み替えの手順や、よくあるお悩みへの解決策について、不動産業者の視点から解説しました。

100%住み替えを成功させる手段はありませんが、入念な事前調査やリスクヘッジにより、成功の可能性をなるべく100%に近づけることはできます。本記事を参考に「まずは自分が何をすべきか」を明確にし、納得のいく住み替えを実現させてくださいね。

当社「売る仲介」は、マンションを高く早く売りたい方のための不動産会社です。一般的な仲介手数料の半分の価格で、売主側だけの見方に立ったマンション売却サポートを行います。

マンション売却をご検討中の方は、「売る仲介」がなぜ売却に強いのか?をご覧ください。

  • facebook
  • twitter
  • はてな
  • LINE

関連ページ

  • リフォーム?住み替え?部屋の広さや住宅ローン審査の可否を元に「選び方」を紹介

    リフォーム?住み替え?部屋の広さや住宅ローン審査の可否を元に「選び方」を紹介

    子どもが小学生にあがって、今の家では間取りが足らなくなった。……

    詳しく読む>

  • マンション売却の仲介は買取と何が違う?それぞれの違いやメリット・選ぶべき場面を解説

    マンション売却の仲介は買取と何が違う?それぞれの違いやメリット・選ぶべき場面を解説

    マンションを売りたいとなったとき、手段は大きく「仲介」「買取……

    詳しく読む>

  • マンションを「売却」するか「賃貸」に出すかの判断基準 | 同時進行も策のうち

    マンションを「売却」するか「賃貸」に出すかの判断基準 | 同時進行も策のうち

    「(今は)住まないマンションがある。これって、売却したほうが……

    詳しく読む>

  • マンションを売却する時の注意点 | 売る前~期間中~売れた後まで

    マンションを売却する時の注意点 | 売る前~期間中~売れた後まで

    今回の記事では、売りたいマンションをなるべく高く売るために、……

    詳しく読む>

人気記事

  • 【徹底解説】マンションから一戸建てに住み替えたい人が後悔しないために知っておきたいこと!

    【徹底解説】マンションから一戸建てに住み替えたい人が後悔しないために知っておきたいこと!

    詳しく読む>

  • マンションの住み替えでよくある失敗パターンとは?後悔しないための対策を紹介

    マンションの住み替えでよくある失敗パターンとは?後悔しないための対策を紹介

    詳しく読む>

  • マンションの買い替えについて|買い替え方法ごとのメリット・デメリット

    マンションの買い替えについて|買い替え方法ごとのメリット・デメリット

    詳しく読む>

対象エリア

「売る仲介」では大阪府全域でマンション売却のお手伝いを行っております。

対象エリア

会社概要

当社の会社概要・アクセスについてご案内しています。

お役立ちコンテンツ

マンション売却コラム

©株式会社グラウンド All Rights Reserved. pagetop